10月22日(日),テーマ「私の考えるアニマルウェルフェア」

開催にあたって

現在"働き方改革"が大きな話題となっていますが,議論の中心はいかに労働時間を短くするかになっており,仕事の質や職場の風土改革についてはあまり語られていません。しかし,楽しく・安心して働けることは生産性向上や職場風土改善のために非常に大切な要素です。
アメリカではgoogleやamazonなどのイノベーティブな企業がペット同伴出勤を許可しており,過去の研究でもペットと一緒にいることで,仕事のストレス減少やコミュニケーション促進の効用があり,会社全体の業務効率が改善したと報告されています。また補助犬の活用により,より幅広い人材の活躍を可能にするという効用も考えられます。
そこで今回は,"どうぶつと一緒に考える働き方改革"と題した例会を開催することといたしました。実際にこの課題に取り組んでおられる職場や企業のケーススタディを通じ,その効用や,導入による問題をいかに解決したかなどについてディスカッションしたいと思います。多くの方のご参加をお待ちしております。

日本ペットサミット 会長 西村亮平

参加費は無料です。定員は先着 100 名です。参加ご希望の方は,こちらからお申し込みください。
※フォームへの登録後,返信メールが送られてきます。本メールをもって登録完了とさせていただきます。事務局から登録完了の連絡はございません。予めご了解ください。定員に達しましたらフォームを削除しますので,フォームがある限り事前受付は可能です。

セミナー概要
テーマ 「どうぶつと一緒に考える働き方改革」
講 師(敬称略)

「メンバーとしての盲導犬」18:40〜19:00
足立興治(NRIみらい*株式会社代表取締役社長) *野村総合研究所・特例子会社

「IoTのチカラで,ねこを幸せにするスタートアップ」19:00〜19:20
堀 宏治(株式会社ハチたま代表)

「マースジャパンのペットフレンドリーオフィスと違いを受け入れる文化(Inclusiveness)」 19:20〜19:40
高澤知子(マース ジャパン 広報・渉外部ディレクター)19:20〜19:40

総合討論 19:50〜20:30

進行・モデレーター:西村亮平(日本ペットサミット会長)
※当日,受付にJ-PETS活動支援の募金箱を設置いたします。御心付けをお願い申し上げます。

開催日時:2018年3月16日(金)
受付開始:18:00〜
参加費:無料(事前申込制)(定員100名)
参加費:無料(事前申込制)(定員100名)
会場:東京大学農学部フードサイエンス棟
会場:東京大学農学部フードサイエンス棟
開催者:日本ペットサミット
問い合わせ先:Email(担当:佐久間)