設立
2015年5月16日
設立の目的
どうぶつ達と共に暮らす幸せな社会を作ること
日本ペットサミットの設立にあたって

写真
会長 西村亮平

我々人類は、遥か昔からどうぶつとともに暮らしてきました。たとえば犬とは数千年前〜1万年以上前から一緒に生活してきたことが分かっていますし、猫とも長い歴史を持っています。数は少なくなりますがその他の多様などうぶつたちとも生活を共にしてきました。最初は家畜的な関係、あるいはつかず離れずの関係だったと思いますが、とくに犬や猫との精神的な結びつきが次第に強くなり、現在では多くの人にとってなくてはならない人生のパートナーとなっています。

それはなぜでしょうか。一言でいえばお互いに居心地がいいからだと思います。なぜ居心地がいいのかはわかりませんが、長い歴史の中でお互いのDNAの中に刷り込まれているのかもしれません。とくに精神的ストレスが高まってきている現代社会においては、かけがえのない存在になってきていると言っても過言ではありません。どうぶつ達と共に暮らす社会は、我々人類に駆け引きの必要ない喜びを与えてくれ、精神的に豊かなものとしてくれます。それだけではありません。どうぶつたちと暮らすことは、子どもたちの発育・発達にとてもいい影響を与えてくれますし、高齢者の肉体的・精神的健康さを長く保ってくれます。また障がいのある人たちのリハビリに役立ちまたその生活を助けるパートナーとしても働いてくれていますし、これ以外の人間社会の様々な場面でも人のために働いてくれています。

しかし、現在どうぶつ達と共に暮らす上で様々な問題が存在します。もちろんどうぶつ達と暮らすことのマイナス面もありますし、世の中にはどうぶつに無関心な人あるいは嫌いな人もいます。しかし、社会全体でみるとどうぶつ達と暮らす社会は精神的にも肉体的にも豊かであることは間違いないと思います。そこで我々は、"Nippon ペットサミット(J-PETs)"を立ち上げ、今存在する問題を少しでも減らし、人々が精神的により豊かに暮らしていける歯車の一つになりたいと考えました。そのモットーは"いい加減"です。これは決して適当にやるという意味ではありません。社会にとって最も良い加減を目指すということです。世の中には色々な考え方があります。一つの方向に向かって努力を重ねることは素晴らしいことです。しかし、社会全体がより良いものになるためにはそのバランスも必要だと思います。そこには懐の深い社会的寛容性も必要でしょう。我々は、多くの人たちの考えに耳を傾け、そしてそのいいところを最大限に結び付けることで、我々の目標を目指していきたいと思います。

我々の活動が社会に役立つものになるためには、できるだけ多くの方々が手をつなぎ、協力しあうことが必要です。どうぶつたちと暮らす幸せな社会の実現に向けてどうぞよろしくお願いします。

事業

目的を達するために、次の事業を行います。

  1. シンポジウム、セミナー等の開催
  2. ポータルサイト、ソーシャルネットワークを活用して目的の達成に有用な情報の収集、解析とその積極的な発信
J-PETS 例会全体像
J-PETS 例会全体像
役員構成
役員構成の内容はこちらPDF
会則
会則の内容はこちらPDF
入会案内
入会をご希望の場合はこちらPDF
協賛企業・協力団体一覧
IDEXXACOMAanicomanimal donation一般社団法人ジャパンケンネルクラブ獣医医療開発認定NPO法人 全国盲導犬施設連合会Zoetis鶴見緑地パートナードッグタウンナチュラルドッグスタイルZENOAQJAHA日本ペットサロン協会公益財団法人 日本盲導犬協会ニュービジョンコーポレーション株式会社フラット一般社団法人 ペットフード協会HORIBAMARSMERIALROYAK CANIN